メンテナンス

ログハウスの再塗装について。

2018年7月30日

ご無沙汰しております。塗装担当の神です!

 

他社で施工されたログハウスの再塗装のご相談を頂く事もよくあるのですが、その中で最近多い事例をご紹介したいと思います。

 

こちらの写真の様に塗料が剥離してフィルム状になってしまっているケース。

 

 

 

このような状態になってしまう原因としては、主に塗料の選択と下地の調整不良によるものです。

 

弊社で使用している塗料では起こりえない状態ですが、この状態からのメンテナンスは、この層を出来るだけ除去してから塗装をすることになり、時間も手間もかかってしまいます。

 

 

 

一般的に木材の塗料の種類は大きく分けて下記の2種類です。

 

造膜型塗料

木材の表面に塗膜を作るため、風雨による劣化を防ぐことができ、撥水性にも優れている。

しかし、外壁塗装をした状態で塗膜が固定されてしまい、木が伸縮する動きに塗膜がついていけないというデメリット。

 

浸透性塗料

塗料が木材の内側に浸透することによって木を守ってくれるという仕組み。しかし、塗膜を貼らないために耐久性や耐水性という点では造膜型塗料とは大きく違い、傷がつきやすかったり、劣化が早いというデメリット。

 

弊社で採用している塗料は木部を紫外線や湿気から保護し、塗り重ねて強くなっていく塗料です。

ただ単に「強い」というだけで木部保護塗料を選択するのは良くありません。

 

 

植物油で出来ており環境にもやさしく、豊富な色のバリエーションがあります。

再塗装の際はしっかり汚れなどを落として塗布面を調整し、上から塗り重ねていきます。

 

  

 

みなさまのご自宅の塗料はどのようなタイプでしょうか?

塗りたてはいいのですが、劣化した後に再塗装をする事を考えた上で塗料の選択が重要です。

他社で塗装される場合も、価格だけではなく、ぜひ塗料の選択や下地調整についても注目してご検討されるのが良いかと思います。

 

丁寧な作業を心がけておりますので、再塗装をお考えの際はお気軽にご相談ください。 

 

 

 

塗装担当:神(ジン)

IMG_1253 (2)

 

薪ストーブメンテナンス(煙突掃除編)

2018年6月22日

お久しぶりです!ストーブ担当の田中です。

今ストーブはオフシーズンですが、この時期に点検・メンテナンスをして、来シーズンに備えておくことがとても重要です。

 

さて、皆さん煙突掃除はどのくらいのペースでされていますか?

毎年掃除して頂くのが一番理想的ですが、使用頻度や焚き方にもよるので、少なくても3年に1回はして頂きたい所です。

特に、使い始めの1年目は上手く燃やせているか点検の意味も込めて掃除をされることをお勧めしています。

 

中には、数か月の使用で煤がこんなに詰まってしまう例もあり、

放置しておくと室内に煙が漏れてきたり、煤に含まれるクレオソート(タール)に火が付き、煙突内部で火災が発生する恐れもありとても危険です。

 

 

 

なかなか頑固な汚れでしたが、掃除後はこんなにすっきり綺麗になりました!

 

 

特に湿った薪を低い温度で燃やしているとクレオソートが付きやすくなってしまうので、必ず薪は乾燥したものを使ってくださいね。

 

煙突掃除はご自身でされている方も多いですが、何年かに一度は炉内の点検も含め、専門業者に依頼されるのもいいかとは思います。

そういえばもう何年も掃除をしていない…という方はぜひお気軽にご相談下さい。

 

 

薪ストーブ・外構担当:田中

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-03-18-38-58

 

ログハウス完成しました!!(大阪府富田林市)

2017年8月20日

 

こんにちは。

長らくお盆休みを頂きましたが、展示場も営業を再開しております。

ここ最近、湖西の方では「琵琶湖テラス渋滞」が発生しているみたいです 😯

琵琶湖テラスが気になった方はこちらをクリック

今日もお出かけ日和なので、皆さま事故などには十分お気をつけくださいね。

ぜひ展示場にも寄り道して頂けると嬉しいです。

 

さてさて先日、富田林市のログハウスが完成しましたのでご紹介します。

以前のブログでご紹介していた、オール電化+太陽光のログハウスです!

 

 

 

今回は残念ながら完成見学会を行いませんでしたので、見学のご連絡頂いた方には申し訳ありませんでした(>_<)

その分、たっぷり写真をご紹介させて頂きますっ!!

 

間取りは2LDK+広いロフトがあります。

 

 

 

吹抜けの梁にはハンモックを吊るす金具も付けました。

 

 

枚方市の物件に続きストーブは「F400」

 

 

 

今回のキッチンはウッドワン制の無垢の木のキッチンです。

 

 

奥様は木の材質やお色でかなり悩まれていましたが、ナチュラル色のパインの扉はログハウスと相性抜群ですね。

カップボードもL字型で大きく、キッチンの背面にも収納があるので、もう収納に困ることないはずです♪

この背面収納は、モデルハウスのキッチンを参考にされました。

 

 

洗面台もキッチンと同じシリーズで統一されました。

 

 

私が個人的に気になったのはお風呂の窓の大きさ!!

周りに建物も無く、緑が一面に見下ろせます。窓を開けてご自宅で露天風呂が味わえますね♪

 

 

 

ロフトは大きな天窓が3つあるので、とても明るく開放的です。

いい風が通り気持ちよさそうですね~ 🙂

 

 

 

今頃はこの広いテラスでBBQされているのかもしれませんね♪

羨ましいです~ 😀

 

 

「Nauti hyvästä elämästä hirsitalossa~ログホームでのよい暮らしをお楽しみください」♪♪

 

 

三科(みしな)

DSC03005

 

 

サブカテゴリ

  • 過去の記事