配筋検査がありました!(滋賀県大津市の現場です。)

2009年10月26日


今年の10月1日以降の竣工物件に対し、今までは任意だった第三者機関での検査・保証が義務付けされるようになりました。
これは新しく施行されました、住宅瑕疵担保履行法に基づく物です。(詳しくは右記リンクをクリックして下さい。JIO日本住宅保証検査機構のページ)
今回は配筋検査と言う事で、設計図面通りに適正に配筋がされているかを検査するもので、鉄筋のサイズや鉄筋までのコンクリートの厚みなどなどの数項目をチェックします。現場や建物の状況により、この建物は布基礎(内部は防湿コンクリートを敷設します)を採用しています。
検査結果は、もちろんOKです。
あと一回、躯体検査がありますのでまたご報告したいと思います。
                        yokoe


サブカテゴリ

  • 過去の記事